スキー写真を撮るときに気にしているもの

僕がライディング写真、特にスキーを撮るときに気にしているもののうち、 大きな要素が ”切り替え” 自分で滑るときもそうですが、 連続する落下運動の中で、ひとつのターンを仕上げ次に繋げていく・・・ その瞬間、 滑り手の個性が強く出ていると思っています。 斜面、雪質、滑走ライン、使用している道具、、 さらに撮影用に 滑っていたりするので制約はありますが、ライダーの考え方や技量が強く 滲みでているその瞬間が好き! 今日は思いのほか撮れ高があったので、切り替えのにフューチャーして 紹介します♪ skier: Macha 彼の得意な切り替え。さすがの安定ですね〜 ターン後半にスキーからもらった力で次のターンへ。重かったり詰まるパウダーで特に有効ですね。 スキートップがしっかりフォールラインに向いています! 前のターンのスプレーを画面に残しながら自由自在にターンをコントロール。 いいお手本!! skier: Yusuke 常にアグレッシブで超攻撃的なスタイルの彼の滑り。実は繊細でスムーズな切り替えのために、普段撮影していて意識させられません。。 全く減速要素を感じない切り替えは、いつの間に!! と思わせるほど自然で素早く、常に雪面コンタクトを失っていない感じ。 横方向にもスプレーが。連続してビックスプレーを巻き上げます! skier: Ayano 勝手にロングターンが得意なイメージをしていましたが、パウダーでもキレまくりで縦に落としてきます。ターン後半で沈んで、、 と思いきや、凄まじい勢いで次のターン前半に持っていく・・・ 日本刀の太刀筋のような鋭さ。 このスキーの扱い、、 どんな体してる

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

©2017 All rights belong to Wataru Sugimura. Please do not copy, modify or upload to any other web site without my advance approval.